筋トレに効果がある『クレアチン』というサプリメントを飲んでみよう!

筋トレに効果がある『クレアチン』というサプリメントを飲んでみよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
この記事の所要時間: 522

どうも、ぴろとです。
胸筋の記事はいかがでしたでしょうか?

スポンサードリンク

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ!
胸板改造計画、筋トレで自分に負けない胸筋アップ方法を紹介します!
あまり無理をして一気に筋トレしても長続きしませんので、
マイペースで行うことが一番ですね。
EXILEのような肉体になってやるといった野望(夢)を持って気長に挑戦していきたいですよね。

僕は中学時代の3年間をバレーボール部で鍛えられ、
わりかし筋肉がつきやすい体質になったと思います。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

しかし、なかなか筋肉がつきにくいという体質の方もいらっしゃると思いますし、
さらに効果を高めたいという方もいらっしゃいます。
そんな時はサプリメントに頼るのが一番です。

筋トレをサポートするサプリメント

サプリメント

クレアチンという栄養素

一番おすすめです。
このクレアチンは、筋肉中に存在する有機酸の一種です。
もともと体の中に存在している有機物であり、
肉や魚からも摂取できます。
長い間研究されてきて、副作用も心配ないのです。
クレアチンは、体内中にある水分を多く必要とします。
つまりクレアチンの摂取と同様に水分も摂取していく必要があるということです。

水分を摂取することでウエストが太くなるのではないかという心配をされている方がいらっしゃいましたが、
クレアチンが水分を引き込むのであって、ウエストが太くなるということは一切ありません。
また、臓器に関しては、逆に肝臓の調子が良くなるという報告もあります。

クレアチン摂取による肉離れの心配

前にも書いたようにクレアチンは水分を引き込む性質がある栄養素です。
そのため、サプリメントを摂取する際には、水分を多めに摂るようにします。
クレアチンの摂取により、筋肉細胞外の水分が減少し、構造的に弱くなるため、肉離れが起こりやすくなります。また、クレアチンを摂取すると筋肉を収縮するパワーが上昇しますが、リラックスさせる物質とのバランスが悪くなり、肉離れを引き起こしやすくなります。
このように水分不足に体するリスクケアをしなければありません。
そのためクレアチンを摂取した日は最低2リットルくらいの水分補給が必要です。

クレアチン摂取による胃痛の心配

筋トレに効果がある『クレアチン』というサプリメントを飲んでみよう!
口から摂取するものですので、
やはり最低限胃への配慮はした方がよさそうです。
・胃が痛いときの服用はやめる
・下痢や嘔吐があるときの服用はやめる
・風邪などの症状があるときの服用はやめる

これらは消化不良の原因となっております。
クレアチンも胃で消化されなければならない栄養素となっておりますので、
消化不良時の服用はさらなる胃痛の原因となります。

また、普段食べ物を咀嚼しないでいる方は、
クレアチンを消化させるためにしっかりと咀嚼した上での摂取が必要です。

クレアチン摂取による頭痛の心配

筋トレに効果がある『クレアチン』というサプリメントを飲んでみよう!
頭痛についてはクレアチンを摂取すると筋肉細胞内に水分が引き込まれるので、
血中の水分量が減り、頭痛になると考えられます。
クレアチンを摂取するタイミングは、
朝食後やトレーニング後などの体の中の水分が少なくなっている場面ですので、
このような事が起こるのかもしれません。

スポンサードリンク

DNSクレアチンパウダー

クレアチンを補うサプリメントが
DNSから販売されているクレアチンパウダーというサプリメントです。

虚弱体質で免疫力の少ない方や、
華奢な体型の方にもおすすめです。

小柄な体型の男子にはおすすめですね。
ぜひ使いたいと思います。

まだ間に合う身長を伸ばす方法。小柄体型から脱出だ!
身長を伸ばす食事・睡眠、サプリメント、筋トレ、スポーツを紹介します!

クレアチンパウダーの正しい使い方

クレアチンパウダーの服用は、筋トレをする前後に服用するのが良いとされています。
摂取量は、最初の7~10日間は約5gを1日4~5回(合計20g)、
それ以降は筋トレ前と筋トレ後に3~5gを摂取するようにします。


DNS クレアチンパウダーご購入はこちらから

健康に気を遣うなら「免疫力」をつけるべきです!
小柄な男子にありがちな虚弱な体を「免疫力」をつけて治そう!

この記事が参考になりましたら

下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新の記事を受け取れます

関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お探しの記事が見つからなかったら

ページ上部へ戻る